岩手・宮城内陸地震から1年

c0189693_21405498.jpg

一関を震源とする震度6強を記録した大地震、明日で丸一年になる。
着々と復興が進んでいるが、崩落した橋もまだそのまま。
仮橋ができて少し奥まで行けるようになり昨日12日避難勧告も全て解除。
一関の人気の須川高原温泉への道は閉ざされたまま、秋田県経由でしか行けない状態。
崩落した国道も急ピッチで復旧工事が進められている。
しかし、どんなに早くても開通は来年度へずれ込むと言うことだ。

須川への道沿いに点在する一関温泉郷は全て営業を再開。
まだ以前の賑わいは戻っていないが観光客も戻ってきた感じがする。
早い国道の復旧が望まれる。

写真は、3月に撮ったものである。
[PR]

by yutan_37 | 2009-06-13 21:58 | 地域  

<< 収穫が楽しみ・・・家庭菜園 東北北部も梅雨入り >>